有料老人ホームの魅力

老婦人

一般的な有料老人ホームでは介護福祉士を始め、ホームヘルパー1級2級を持つ人が多く働いています。 おそらく多くはヘルパーさんの資格を持っている方が多いと思います。 介護福祉士の資格を持つ人はどちらかと言うと医療法人や社会福祉法人に就職する傾向が強く、そういったところに就職が難しく(年齢など)比較的就職しやすいところが有料老人ホームになっています。 直接介護する職員以外にもケアマネジャーや社会福祉士、各セラピスト等の職員が働いています。 ケアマネジャーはケアプラン(介護計画)を立案しています。 特別養護老人ホームや老人保健施設では生活相談員や支援相談員と言った相談業務に専従する職員が位置づけられますが有料老人ホームではケアマネージャーがその役割を担っている場合が多いです。

有料老人ホームにはヘルパーの資格を持った職員が多く働いていますが、それだけに有料老人ホームを運営する上で必要な人件費は介護福祉士よりも安く済みます。 介護福祉士とホームヘルパーを区別するわけではありませんが、どうしても持っている知識や技術の量は介護福祉士の方が勝っている場合が多いです。 また介護福祉士は様々なところでのキャリアを経ている場合が多いのでそのような点から見ても人件費の高騰は避けられませんが、ホームの核となるサービス提供責任者や介護リーダーと言った職種には介護福祉士を当てるべきだと思います。 また臨時職員や派遣職員と言った正社員以外の雇用も多いのでその点も是正が必要だと思います。 そうでなければ離職率がいつまでも落ち着かない負の連鎖に陥る可能性もあります。