デザイン性

スーツ姿の女性

昔の住宅には階段が多く、障害者や高齢者にとって負担のかかる場所となっていました。 現在はユニバーサルデザインの場所が増え、階段とスロープが一体となった作りが多く見られる。 障害者や高齢者にとって階段は転倒の危険が多い場所でもあり、最悪の場合脊髄損傷や骨折など2次障害に繋がる危険があります。 しかし、昔の在宅などではユニバーサルデザインの住宅は少なく、リフォームするか段差解消機を利用するのが望ましいです。 車いす乗車の人が在宅で生活する上で必ず必要なものでもあります。 段差解消機の良さはスロープと異なり場所を取らないといったことや費用面でもリフォーム工事を行うよりも安いということです。 段差解消機は、お金とスロープを作るスペースが無い場合には特に重宝するものです。

段差解消機は購入することもレンタルすることも可能なものになります。 購入となれば数十万以上は掛かる高価なものです。 介護レンタルであれば、1割負担となるため手頃な価格でレンタルすることができます。 介護保険サービスを利用している人であれば、ケアマネージャーに相談することが望ましいです。そこから包括的に様々な職種と連携を取りながら決定していくことが大切です。 医学的専門的立場から言わせてもらうと、いきなり購入をするのでは無く、一度レンタルをして使用してみてから結論を出すのが一番望ましいと思います。 本当に段差解消機が必要なのか、スロープの方が良いのか、購入・レンタルどちらがよいのか、様々な面で検討をして決定することがよりよいサービスを受ける上で大切だと思います。