キーボード

ソフトの使い方

介護ソフトを導入することで仕事の効率を高めることができるのですが、介護ソフトを導入する時は導入の流れを事前に把握しなければいけません。基本的な流れと利用するメリットを学びましょう

この記事の続きを読む

並んだパソコン

使うときのポイント

介護用エプロンの仕様を踏まえて、適切な使い方を研究することは重要です。撥水加工だからこそ食べこぼしの滑りもよいという問題が起こること、また、被介護者の自尊心には注意すること、そういった使い方のポイントがあります。

この記事の続きを読む

スーツ姿の女性

デザイン性

以前は段差がある住宅や施設が多くありましたが、最近では車いす利用者などが多くなっていることもあり、段差フリーになっています。昔のデザインの住宅で段差がある場合には、段差解消機を利用してみましょう。

この記事の続きを読む

類似するもの

老人のお見舞いに来た子ども

車椅子の方が安心して乗れる段差解消機を設置するならコチラにおまかせください!最新の基準をクリアしているので安全です!

介護ソフトとは、介護報酬の計算をサポートするソフトです。それと同時に個人情報の管理も可能です。 介護ソフトに類似・競合するものは、診療報酬用や障害者用のソフトです。診療報酬用のソフトは、医療機関で利用されています。医療機関は、子どもから大人まで利用するため支援ソフトを提供している業者は多数存在します。そのため、業者間に競争が生まれてよりよいソフトが次々に登場しています。 障害者用のソフトは、障害者にかかわる大小の福祉施設において利用されています。障害者は、知的障害・身体障害・精神障害・発達障害に分かれています。そのうえ、さらに各障害の程度によって区分が設けられています。その区分によって、自己負担が異なりますので、報酬の計算方法は煩雑です。ゆえに、障害者用のソフトは欠かせません。

介護ソフトや障害者用のソフトの金額には、幅があります。システムのサポート体制や、データ容量が充実しているソフトほど高い金額になります。 外付けのDVDとして販売している介護ソフトや障害者用のソフトは、数千円で購入できます。この種のソフトは、価格が安いことに魅力を感じているユーザーがほとんどです。そのため、販売価格は下落傾向です。 一方、システムとして提供している場合は、数年間にわたる利用契約が基本です。その利用金額は、1年につきおおむね1万円ほどです。この種のソフトの利用者は、少々高額でも多機能で使いやすいことを求めています。ゆえに、有料のオプション契約によってカスタマイズしています。よって、価格は一定のラインを保つ動向にあります。